でんさい活用セミナー【山梨】

トップページ > セミナーレポート > でんさい活用セミナー【山梨】

でんさいネット活用セミナー(山梨)

2014年9月18日、山梨県富士吉田市の富士吉田商工会議所において、「でんさい」の利用を検討されているお客様を対象に、富士吉田商工会議所・山梨中央銀行共催の「でんさい活用セミナー」が開催されました。
当日の講演要旨や資料を掲載していますので、ぜひご覧ください。

「でんさい導入企業の事例」
株式会社地場工務店 青山 茂樹氏


株式会社地場工務店

総務部・経理 次長
青山 茂樹氏



講演資料のダウンロード



【講演要旨】

でんさいの導入理由は、手形の発行(分割)・作成・郵送に関する事務負担の軽減、手形集金時の受付時間の短縮、印紙代の削減等である。山梨中央銀行から積極的なアプローチもあった。
役員会で正式に導入を決定した後、お取引先へのアンケートを実施し、同意いただいた先への支払いを開始した。なお、でんさいへの切り替えができないお取引先については、アンケートに理由を記載していただき、フォローを行った。
でんさい導入後は、印紙税等の削減効果もあったが、何よりも、手形の発行や郵送作業にかかる時間が軽減できたこと、また、支払期日に手形を受け取るために来社されるお取引先への対応が軽減できたことに大きなメリットを感じている。受取側の企業においても、取立の手間がなく、領収書発行も不要としたため、メリットが大きかった。
でんさい導入時の課題としては、一時的に手形との併用となる点が挙げられるが、これからはインターネットを使った電子取引が主流となるため、引き続き、お取引先と交渉し、手形からでんさいへのシフトを進めていきたい。

「でんさいのメリットと活用方法」
山梨中央銀行 竹下 文仁氏


山梨中央銀行

営業統括部 法人推進室 調査役
竹下 文仁氏



講演資料のダウンロード



【説明内容】

1.でんさいとは何か?
2.でんさいの仕組み
3.でんさいのメリット≪受取企業≫
4.でんさいのメリット≪支払企業≫
5.でんさい豆知識
6.「山梨中銀でんさいサービス」のご案内
7.でんさい導入までの流れ
8.当行のサポートについて