全国キャラバン2017【広島】

トップページ > セミナーレポート > 全国キャラバン2017【広島】

「でんさい活用セミナー」【広島】
日 時 平成29年6月27日(火) 14時~16時(13時30分開場)
会 場 広島国際会議場 中会議室「コスモス」(広島市中区中島町1-5(平和記念公園内))
主 催 株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称:でんさいネット)
共 催 広島銀行、もみじ銀行、広島信用金庫、呉信用金庫、しまなみ信用金庫、広島みどり信用金庫、
広島市信用組合、広島県信用組合、三菱東京UFJ銀行
後 援 広島商工会議所、呉商工会議所、東広島商工会議所、廿日市商工会議所、全国銀行協会
内 容 ・でんさいの基本的な仕組みと普及状況
・でんさい利用企業(株式会社シンギ様)の事例紹介
・でんさいの操作方法
・でんさいのよくある質問

2017年6月27日(火)に広島市で、当会社主催の「でんさい活用セミナー」を開催しました。
当会社職員がでんさいの仕組みやメリット、普及状況等について講演しました。
「でんさい」をご利用いただいているお客様(株式会社シンギ様)にご講演いただいたほか、株式会社NTTデータ様から「でんさい」の操作方法についてご説明をいただきました。


「でんさい利用企業からの事例紹介」
株式会社シンギ 田中 英輔 氏


株式会社シンギ

管理部 部長
田中 英輔 氏


講演資料のダウンロード



【講演要旨】

でんさい導入のきっかけは、得意先からでんさいで支払をされた場合に、すぐに対応できるようにするためだった。取引先との関係で、でんさいを試行的に利用してみたところ、予想外に操作が簡単で、事務処理がラクであることと、支払・受取の両面から事務の効率化が実現できることがわかり、本格的にでんさいの導入検討を開始した。
導入にあたり、手形とでんさいの二重管理、システム対応、社内の意思統一といったさまざまな課題に直面したが、新たなソフトウェアの導入やシステムのカスタマイズ、また、何より上長が率先して各部署に働きかけ、検討を推進することで解決できた。
でんさいを導入した結果、導入前の支払方法割合(件数ベース)は手形63%、振込36%であったが、導入後は手形42%、でんさい21%、振込36%と、手形の一部をでんさいに切り替えることに成功した。でんさいは支払件数が増えても作業時間がほぼ変化しないので、確かな事務効率化を実現できたと考えている。
でんさいへの切り替えを進めるため、取引先に対し、でんさい利用の案内状を複数回送付したことで、切り替える割合は大幅にアップした。あきらめずに、取引先に継続的に案内し続けることが大事だと思う。また、案内状を送付する時も、手形に同封するなど工夫したことも効果的であった。
当社では検討の当初から見込んでいた通り、でんさいの導入により、事務の削減に加えて人的(コスト)削減も実現できた。今後は、でんさいを支払に利用するだけでなく、受取利用にも広げていくことが課題と考えている。
でんさいの導入を検討している皆さまにおかれては、でんさいは、最初事務の変更に時間を要しても、一度慣れてしまえば事務負担は大したものではない、ということを是非ご理解いただきたい。