利用企業紹介

トップページ > 利用企業紹介 > 株式会社サクラクレパス

お客様の声

株式会社サクラクレパス

手形発行に係る事務および印紙代を削減することができました。

基本情報
会社名 株式会社サクラクレパス
本社所在地 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-6-20
URL http://www.craypas.com/
業種 製造業
事業内容 文具・描画材料製造販売
利用状況について
平成25年10月から「でんさい」による支払を開始しました。
1件当たりの支払金額が大きい取引先に対して「でんさい」で支払うこととし、現在、社数ベースで約8割の取引先に導入していただきました。
また、「でんさい」の受取については、取引先から要望があれば迅速に対応しています。
利用に至った経緯
手形発行に係る印紙代の削減、手形発行・交付に伴う事務の軽減・効率化や手形の現物管理の合理化を図るため、「でんさい」を導入しました。
でんさい利用による効果
手形発行に係る事務および印紙代を削減することができました。特に支払手形の郵送事務を軽減できたことに大きなメリットを感じています。
また、取引先(納入企業)においても、手形の紛失・盗難リスクの低減、取立事務および領収書に貼付する印紙代の削減といったメリットがありました。


  [最終更新日:2016年3月16日]

お客様の声/ご講演要旨(印刷用PDF)

ご講演資料
でんさい活用セミナー【大阪】 (2014年9月26日)

当会社主催の「でんさい活用セミナー」でご講演いただきました。


講演資料(PDF)


【講演要旨】 省略


でんさい活用セミナー【東京】 (2016年2月17日)

当会社主催の「でんさい活用セミナー」でご講演いただきました。


講演資料(PDF)


【講演要旨】

当社の従来の支払状況は、支払金額ベースで振込が61%、手形が39%、支払件数ベースで振込が49%、手形が51%であり、手形での支払をでんさいに移行することとした。
でんさいを導入した主な理由は、手形発行に係る印紙税の削減、手形発行・交付に伴う事務の軽減・効率化や手形の現物管理の合理化を図るためである。
支払側については、支払金額によってコストメリットに差が出てくるため、1件当たりの支払金額が大きい取引先に限定して導入した。一方、受取側については、取引先(お客様)に対する要望となるので積極的な勧誘はせず、取引先から導入要望があれば迅速に対応するという導入方針のもと、取り組みを開始した。
でんさいの導入にあたっては、担当者が中心となり、小集団活動を活用して取り組んだ。納入企業への案内状についてもメインバンクやでんさいネット社のサンプルを参考に作成した。導入の決定から約3か月後には、でんさいによる支払を開始することができ、想定していたよりもスムーズに導入することが出来た。
でんさいを導入した結果、手形発行に係る事務および印紙代を削減することが出来た。特に、支払手形の郵送事務を軽減できたことに、大きなメリットを感じている。また、でんさい導入後も手形発行事務が併存することから、事務負担の増加を懸念していたが、でんさいでの支払は想定よりも簡単で並行処理で対応できたので、実際には事務負担の増加はまったくなかった。
また、納入企業においても、手形の紛失・盗難リスクの低減、取立事務および領収書の収入印紙費用の削減といったメリットがあった。
2015年12月現在、でんさいの導入状況は、支払先が51社、導入率としては78%であり、発行残高は7億円。また、受取側は15社、受取残高は1億3千万円である。
今後は、対象となる支払先の導入比率90%超(金額比)を目指すとともに、受取側の導入要請に対して迅速に対応していきたい。また、近い将来、でんさいが爆発的に普及したときでもしっかり対応できるよう、社内の態勢整備を進めていきたい。