利用企業紹介

トップページ > 利用企業紹介 > 大阪シーリング印刷株式会社

お客様の声

大阪シーリング印刷株式会社

経理事務と経費の削減につながりました。

基本情報
会社名 大阪シーリング印刷株式会社
本社所在地 大阪府大阪市天王寺区小橋町1番8号
URL http://www.osp.co.jp/
業種 印刷業
事業内容 1. シール・ラベルの印刷加工並びに販売
2. シュリンクラベル等フィルム軟包装資材の印刷加工並びに販売
3. ラベル自動貼機の製造並びに販売
利用状況について
弊社では、受取(回収)で平成25年5月から、支払では平成26年6月から導入しております。
「でんさい」導入後は金額・件数とも順調に拡大しております。
現在は、既存のお取引先様へは「でんさい」への移行、新規お取引先様へは「でんさい」導入をお勧めしています。
利用に至った経緯
「電子記録債権法」施行を機に、今後「でんさい」が主流となるとの判断から導入を決定しました。
弊社においてはコストや事務負担を削減し、お取引先様にもメリットがあると考えました。
また、弊社営業拠点での手形管理負担や印紙税負担が大きいこと、支払側でも手形発行事務負担が大きく、改善を模索していたことも契機となりました。
でんさい利用による効果
「でんさい」導入により、下記のメリットがありました。

(受取側) 1.ペーパーレスの為、紛失・盗難のリスク回避
2.支払期日に自動的に銀行に入金される
(支払側) 以下の事務負担の軽減
1.手形現物管理
2.手形発行機での金額打刻・押印
3.手形郵送事務
4.領収証受領

また、印紙税や手形郵送料のコスト削減にも寄与しています。


  [最終更新日:2015年9月29日]

お客様の声/ご講演要旨(印刷用PDF)

ご講演資料
でんさい活用セミナー【大阪】 (2014年9月26日)

当会社主催の「でんさい活用セミナー」でご講演いただきました。


講演資料(PDF)


【講演要旨】

当社では、回収した受取手形の管理負担および為替手形の印紙税負担が大きかった。また、支払手形の発行に係る事務負担、印紙税負担が大きく、それらの軽減を図るため、でんさいの導入を決定した。
なお、でんさい導入に向けた検討段階においては、取引銀行のでんさいの説明会を積極的に受講した。でんさいをスムーズに導入するためには、取引銀行との協力関係を築いておくことが重要である。
でんさいを導入したことで、半年で32万円の印紙税が削減できたとともに、手形発行事務と手形精査業務の作業事務も軽減でき、毎月2時間強の作業事務の削減につながった。また、手形の現物管理から解放される効果は大きい。
現在の利用状況は、支払が141社、受取が129社、残高では支払のうち、手形が45億円、でんさいが17億円となっている。
今後は、手形で支払っている先に対して個別にアプローチし、平成28年1月までに手形発行先数を100先以下にしたい。受取手形についても、営業担当者を通じて得意先にアプローチを行っていきたい。
金融機関に対しては、利用契約後のより丁寧なアフターフォローを期待したい。また、でんさいネットに対しては、一括請求エラー時の仕様の改善をお願いしたい。