よくあるご質問

ID:89
作成日: 2020/12/23

「特例開示」は誰でもできますか。

債権者、債務者、電子記録保証人、対象となるでんさいの債権記録に記録されている者およびその相続人ならびにこれらの者の財産の管理および処分をする権利を有する者に限ります。
なお、それぞれの立場によって、特例開示に掲載される内容(開示範囲)は異なりますので、ご留意ください。
•業務規程第57条1項
•業務規程細則第56条4項
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
ご意見・ご感想、ありがとうございます。
Powered by i-ask

チャット形式でお客様の質問にお答えします!