全国キャラバン2018【福岡】

2019年1月11日(金)に福岡市において、当会社主催の「でんさいセミナー」を開催しました。でんさいの仕組みやメリット、普及状況等について当会社職員が説明後、「でんさい」を利用いただいているお客様(中村建設株式会社様)にご講演いただきました。また、株式会社NTTデータ様から「でんさい」の操作方法についてご説明いただきました。

 

開催概要

  • 日程

    2019年1月11日(金)

  • 時間

    14:00~16:00(13:30開場)

  • 開催場所

    天神ビル 11階11号会議室(福岡県福岡市中央区天神2-12-1)

  • 主催

    株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称:でんさいネット)

  • 共催

    福岡銀行、筑邦銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行、福岡中央銀行、福岡信用金庫、福岡ひびき信用金庫、大牟田柳川信用金庫、筑後信用金庫、飯塚信用金庫、田川信用金庫、大川信用金庫、遠賀信用金庫、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行

  • 後援

    一般社団法人九州経済連合会、福岡商工会議所、一般社団法人福岡県建設業協会、一般社団法人全国銀行協会

  • 参加費

    無料

  • 募集人数

    -

  • 対象者

    でんさいの利用を検討されている方

  • 案内

    -

申込は終了しました

申込時にご記入いただいた個人情報は、セミナーに係る運営・情報連絡および参加金融機関によるアフターフォロー等の目的に限り使用いたします(後日、貴社の取引金融機関から「でんさい」に関するご提案をさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。)。詳しくは、当会社プライバシーポリシーをご覧ください。

内容

  • でんさいの基本的な仕組みと普及状況
  • でんさい利用企業の事例紹介《中村建設株式会社様》
  • でんさいの操作方法
  • でんさいのよくある質問

講演企業

中村建設株式会社

専務取締役
松本 喜一  氏

  • 中小企業
  • 建設業
  • 支払受取

講演要旨

企業がでんさいを導入するうえでネックと感じている点がいくつか挙げられる。まず、「すべての取引先を一度に移行させるのは難しい」という点である。でんさいを導入するからにはすべての取引先を一度に移行させたいと考えてしまいがちだが、企業の受入態勢は様々であるため、受入可能な取引先から順次始めていくべきである。たとえ手形とでんさいが併用するかたちでも、十分導入メリットを感じられる。
次に、「システム対応、取引先への説明に時間がかかる」という点である。自社ですべて行おうとすると大変なため、取引金融機関のサポートを受けることをお勧めする。弊社も取引金融機関にサポートしていただいたため、当初の懸念とは異なり、極めてスムーズに導入することができた。ぜひ、取引金融機関を有効活用し、導入を進めてもらいたい。
でんさいは、少しでもExcelが利用できれば十分対応でき、一度利用すると良さを実感できる。「案ずるより産むが易し」で、まずは始めてもらいたい。
でんさいのメリットとして、弊社は「作業時間短縮」「コスト削減」「リスク削減」などを感じているが、取引先(受取側)においても、「受領の集金業務が不要」「領収書の発行が不要」「期日取立手続きが不要」「期日当日に資金化が可能」などのメリットがあり、コスト削減と他業務への振り向けが可能である。
最後に、でんさいの導入に欠かせないポイントとして、経営者・担当役員・担当者間で導入に向け意思統一し、期限を設定し十分な社内準備をすることである。ぜひ、会社一丸となって、導入を進めていただきたい。

セミナーと同じ内容を
24時間いつでも
ご覧いただけます!

さあ、御社もでんさい
活用してみませんか?

チャット形式でお客様の質問にお答えします!