でんさいとは?

トップページ > でんさいとは?

でんさいネットが取り扱う電子記録債権を「でんさい」といいます。
電子記録債権の概要、でんさいネットの特長などについて、わかりやすくご紹介します。
電子記録債権とは
電子記録債権は、手形・指名債権(売掛債権等)の問題点を克服した新たな金銭債権です。電子記録債権の発生・譲渡は、電子債権記録機関の記録原簿に電子記録することが、その効力発生の要件です。
電子記録債権=手形・売掛債権の問題点を克服した新たな金銭債権 [手形] ・作成・交付・保管コスト ・紛失・盗難リスク ・分割不可 → [電子記録債権] ・電子データ送受信等による発生・譲渡 ・記録機関での記録原簿で管理 ・分割可 [売掛債権] ・譲渡対象債権の不存在・二重譲渡リスク ・譲渡を債務者に対抗するために、債務者への通知等が必要 ・人的抗弁を対抗されるリスク → [電子記録債権] ・電子記録により債権の存在・帰属を可視化 ・債権の存在・帰属は明確であり、通知等は不要 ・原則として人的抗弁は切断
電子記録債権制度創設の背景
電子記録債権制度は、事業者(特に中小企業)の資金調達の円滑化等を図るために創設されました。
年 月 経 緯
2003年7月 ・IT戦略本部決定「e-Japan 戦略 II」
2005年12月~ ・法務省、経産省、金融庁「電子債権に関する基本的な考え方」
・法制審議会、金融審議会等での検討
2007年6月 ・電子記録債権法の成立
2008年12月 ・電子記録債権法の施行
電子債権記録期間の役割
電子債権記録機関は、記録原簿を備え、利用者の請求にもとづき電子記録や債権内容の開示を行なうこと等を主業務とする、電子記録債権の「登記所」のような存在です。
主務大臣の指定を受けた専業の株式会社です。
取引の安全性
取引の安全を確保するため、権利内容・帰属の可視化、善意取得・人的抗弁の切断等が手当てされています。
電子記録債権の取引の安全性

【電子記録債権について】
電子記録債権法 ※電子政府の総合窓口(e-Gov)の法令データ提供システムへ遷移します。


(電子記録債権法の概要)

法務省

金融庁

※各省庁ホームページへ遷移します。

でんさいネットの特長
でんさいネットの特長は、(1)手形的利用、(2)全銀行参加型、(3)間接アクセス方式の3点です。
[1] 手形的利用
中小企業の資金調達の円滑化に資する最も汎用的な利用方法として、現行の手形と同様の利用方法を採用。
手形の取引停止処分制度と類似の制度を整備。
[2] 全銀行参加型
銀行の信頼・安心のネットワークのもとで、社会インフラとして構築される必要性を強く認識し、全銀行参加型を採用。
既存の銀行間の決済システムを利用し、確実に資金回収できる仕組みの提供が可能。
[3] 間接アクセス方式
金融機関を経由してでんさいネットにアクセスする方式により、現在利用している窓口金融機関をそのまま利用できるため、安心してサービスを受けることが可能。
金融機関の創意工夫によって、それぞれの利用者ニーズにあったサービスを提供できる仕組み。
でんさいネットの取引イメージ
STEP1 「でんさい」の発生
窓口金融機関を通じてでんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行うことで、「でんさい」が発生します。
STEP2 「でんさい」の譲渡
窓口金融機関を通じてでんさいネットの記録原簿に「譲渡記録」を行うことで、「でんさい」を譲渡できます。 必要に応じて債権を分割して譲渡することもできます。
STEP3 「でんさい」の支払い
支払期日になると、自動的に支払企業の口座から資金を引落し、納入企業の口座へ払込みが行われます。
でんさいネットが支払いが完了した旨を「支払等記録」として記録しますので、面倒な手続は一切不要です。また、手形と異なり、納入企業は支払期日当日から資金を利用することができます。

でんさいで悩み解決!


支払企業の悩み
手形の発行は事務手続が面倒。
搬送代の負担も大きい・・・。
「でんさい」なら、ペーパー^レスだから手続きがラクラク!搬送代もかかりません!
「でんさい」を使えば、手形の発行、振込の準備など、支払いに関する面倒な事務負担が軽減されます。手形の搬送コストも削減できます。

手形の印紙税負担を軽減したい・・・。
「でんさい」なら、印紙税は課税されません!
手形と異なり、印紙税は課税されません。

支払手段を一本化して効率化できれば・・・。
「でんさい」なら、支払手段の一本化で効率的!
手形、振込、一括決済など、複数の支払手段を一本化すれば、効率化が図れます。


納入企業の悩み
紛失や盗難が心配・・・。保管も面倒・・・。
「でんさい」なら、ペーパーレスだから安心・安全!保管も不要です!
ペーパーレス化により、紛失や盗難の心配はなくなります。
厳重に保管、管理する必要がなくなりますので、無駄な管理コストを削減することができます。

必要な分だけ譲渡や割引ができれば便利なのに・・・。
「でんさい」なら、分割できます!
必要な分だけ分割して譲渡や割引をすることができます。
手形にはない、「でんさい」特有の大きなメリットです。

取立手続が面倒・・・。
「でんさい」なら、期日になると自動入金!
支払期日になると窓口金融機関の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続は不要です。

入金日までの資金繰りをどうしよう・・・。
「でんさい」なら、債権を有効活用!
これまで資金繰りのために利用できなかった売掛金等の債権について、決済手段を振込から「でんさい」にすれば、支払期日前であっても簡易に譲渡や割引ができるので、資金調達に活用しやすくなります。

導入に当たっての悩み
「でんさい」の導入に当たり、次のようなお悩みはありませんか?
すでに「でんさい」を導入いただいているお客様の声や関連資料等を掲載していますので、ぜひ参考にしてください!
1.「手形払い」から「でんさい払い」に切り替えたいが、一部手形が残ってしまいそう…
  かえって事務負担が増えてしまうのではないか?
すべてのお取引先から同意を得るには、相応の時間がかかると思われます。
一部手形が残っているお客様であっても、「事務負担を軽減できた」、「導入してよかった」との声をいただいています。


2.もともと手形の振出枚数が少ないので、「でんさい払い」に切り替えても、
  あまりメリットがないのでは?
印紙代や搬送代といったコスト削減効果だけでなく、
事務負担の軽減効果や同業他社の動向を見据えて導入いただいたお客様もいらっしゃいます。


3.始まったばかりの制度なので、支払不能発生時の対応に不安がある…
でんさいネットでは、支払不能時の対応を取りまとめたQ&A集を作成しています。


4.その他
  • 「でんさい」に関心はあるが、仕組みがいまひとつよくわからない…
    当社が理解できても、取引先への説明が困難…
  • 経理部門だけでは切替作業をスムーズに進めることができない…
  • インターネットバンキングに不慣れなため、うまく使えるか不安…

  • 金融機関では、お客様がでんさいを円滑に導入できるよう、様々なサポートを行っています。
    でんさいネットでも、「でんさい」の仕組みをまとめたマンガ冊子・パンフレットお取引先に対する案内状のサンプル等を作成し、ホームページに掲載していますので、ぜひご活用ください。