利用企業紹介

トップページ > 利用企業紹介 > 株式会社北村組

お客様の声

株式会社 北村組

「でんさい」導入により、事務効率のアップと経費節減を実現

基本情報
会社名 株式会社 北村組
本社所在地 三重県松阪市中央町306-1
URL http://www.kitamuragumi.co.jp/
業種 総合建設業(土木・建築の設計及び施工)
不動産業(不動産の売買媒介管理)
事業内容 昭和22年2月の創立から、地元三重県をはじめ、愛知、岐阜、滋賀、奈良、京都、大阪と広範な地域で、商業施設、公共施設、マンション・住宅などの建設や土木工事など様々な工事を行っております。
利用状況について
当社では、以前から一部の取引先様からの工事代金を「でんさい」で受取っておりましたが、支払いについても1年ほど前から検討を進めてまいりました。
平成27年1月に、支払先様への周知を行い、平成27年4月から手形払いを「でんさい」払いに切替えました。
平成27年6月の実績は、「でんさい」払いが115社(97%)、手形払いが4社(3%)となりました。
「でんさい」のメリットを積極的に説明し理解を求めたところ、現時点で約300社様に「でんさい」の利用契約を頂きました。また、新規の取引先様には「でんさい」の利用をお奨めしております。
利用に至った経緯
「でんさい」のメリットを確認し、利用の機会をうかがっておりましたが、取引先様から次の譲渡先への流通性を含めて考え、まずは近々の導入を全取引先様に表明した上で、「でんさい」の利用を促してまいりました。
本年に入り「でんさい」への切替を正式に発表した結果、ほとんどすべてのお取引先様の賛同を得られ、成果を出すことが出来ました。
でんさい利用による効果
印紙代や郵送費の節減も効果の一つですが、なにより手形発行に比べて格段に事務リスクの低減と事務の効率化が図れ、会社のコスト削減に寄与出来ております。
全国的に普及率が上がればさらに効果が期待できるものと考えます。


  [最終更新日:2018年2月5日]


お客様の声/ご講演要旨(印刷用PDF)

ご講演資料
全国キャラバン2017【名古屋】 (2017年12月4日)

当会社主催の「でんさい活用セミナー」でご講演いただきました。


講演資料(PDF)


【講演要旨】

でんさいはメインバンクからの声掛けをきっかけに導入し、約3年間利用をしているが、現時点で「でんさいにデメリットはない」と考えている。
当社はまず受取側からでんさいの利用を開始し、利便性等を検討したうえで、支払手形からでんさいへの全面的な切り替えを社内決定した。切り替えに際しては、関係会社が集まる安全大会や新年会において正式に打診したうえ、一社一社丁寧に声掛けしたり、取引金融機関よりそれらの会社にでんさい利用を積極的にアプローチいただいたりしたことで、先方に特殊な事情がある場合を除き、ほぼ全先においてでんさい利用への切り替えに成功した。
結果として、コストでは年間150万円程度の削減、事務面では年間で約40人日程度の効率化ができた。全体の70%程度からスタートしたでんさい取引も、直近では100%という水準を達成することができている。
苦労すると感じるのは、食わず嫌いというか、単純に知らないから利用したくないという声に対応しつづけていくこと。ただ、最大限のメリットを得るには、一部に留めず全てでんさいに切り替えするということなので、ユーザーとしては取引金融機関に上手く頼りながら、確りと対応していくことが大事だと思われる。全面的に切り替えたことで、当社も取引先も確実にメリットを享受していると自信を持って断言できる。
メリットの多いでんさいだが、企業関係者と話をすると未だにでんさいの話が通じないことがある。でんさいの認知度向上こそが今後のでんさい普及の鍵となると思われるので、関係者にはそれに努めてもらいたい。