利用企業紹介

トップページ > 利用企業紹介 > 株式会社熊谷組

お客様の声

株式会社熊谷組

建設業での本格運用の先駆けとして「でんさいネット」を導入しました。

基本情報
会社名 株式会社熊谷組
本社所在地 東京都新宿区津久戸町2-1
URL http://www.kumagaigumi.co.jp/
業種 総合建設業
利用状況について
でんさいネット本格運用を開始しました。取引先への手形支払をでんさいによる支払に移行を進めております。
運用開始時(平成25年11月)でんさいネット登録済み取引先数は約700社であり、その後も登録は増加しています。
利用に至った経緯
でんさいは手形の印紙税が不要、現物管理が不要など支払企業・受取企業双方に大きなメリットがあります。また全国約500金融機関が参加し高い流通性・利便性が確保されているでんさいネットを採用しました。
でんさい利用による効果
当社では手形の印紙代・発行業務コスト削減が見込まれます。
取引先では手形領収書に係る印紙代・郵送代などコスト削減、取立手続が不要、盗難・紛失のリスク回避、任意に分割譲渡可能などメリットが見込まれます。


  [最終更新日:2013年11月18日]

お客様の声/ご講演要旨(印刷用PDF)

ご講演資料
でんさいネット開業1周年記念「電子記録債権活用セミナー」【東京】 (2014年2月12日)

当会社主催の「でんさいネット開業1周年記念『電子記録債権活用セミナー』」でご講演いただきました。


講演資料(PDF)


【講演要旨】

当社の現状の取引先への支払いは、現金払いと手形払いが55対45の割合であるが、手形払いの部分をでんさいに移行中である。
でんさいネットの導入理由は、全銀行参加型ゆえに高い流通性が確保されており、全国的に裾野が広い取引先を持つ建設業にマッチしたことである。
でんさい導入のメリットは、印紙代手形発行費用等のコスト削減、取引先での紛失、取立忘れ等への対応が不要となること、手形の分割依頼(月間20件程度)が不要となることである。また、取引先にとっても、領収書が不要となることや期日当日に資金化できる等のメリットがある。
一方、でんさいの導入で苦労した点は、システム開発(取引先番号と決済口座との紐づけおよび銀行システムとの連携)および取引先からの問い合わせ対応であった。なお、取引先向け説明会を全国8支店で11回開催し、でんさいへの移行をお願いした。
今後は、でんさい未登録取引先への案内を継続的に行うとともに個社ごとに登録促進を進めていき、平成26年11月(導入後1年)を目途に支払手形を廃止したい。また、グループ会社にもでんさいの利用を拡充する予定である。