決済・経理業務の電子化に向けた取組み
~手形レス・印鑑レス・現物レスを目指して~
(2020年11月20日午後)

2020年11月20日(金)午後、当会社および一般社団法人全国銀行の共同主催で、オンラインセミナーを開催しました。でんさいの基本的な仕組みについて当会社職員が説明、および「でんさい」を利用いただいているお客様(株式会社フジ機工様)にもご講演いただきました。また、中小企業庁様からは中小企業のIT活用支援策、一般社団法人全国銀行協会から決済・経理業務の電子化に向けた取組みついてご説明いただきました。

開催概要

  • 日程

    2020年11月20日(金)

  • 時間

    14:00~15:00

  • 開催場所

    Web

  • 主催

    一般社団法人全国銀行協会、株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称:でんさいネット)

  • 共催

    みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、北海道銀行、青森銀行、山形銀行、岩手銀行、七十七銀行、常陽銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、きらぼし銀行、北陸銀行、福井銀行、静岡銀行、十六銀行、関西みらい銀行、池田泉州銀行、南都銀行、中国銀行、広島銀行、山口銀行、阿波銀行、福岡銀行、宮崎銀行、北九州銀行、北洋銀行、栃木銀行、京葉銀行、名古屋銀行、中京銀行、みなと銀行、もみじ銀行、熊本銀行
    北海道信用金庫、北空知信用金庫、宮古信用金庫、石巻信用金庫、気仙沼信用金庫、しののめ信用金庫、埼玉縣信用金庫、佐原信用金庫、川崎信用金庫、平塚信用金庫、朝日信用金庫、東京東信用金庫、小松川信用金庫、足立成和信用金庫、西武信用金庫、目黒信用金庫、東京信用金庫、青梅信用金庫、多摩信用金庫、高岡信用金庫、福井信用金庫、越前信用金庫、愛知信用金庫、岡崎信用金庫、半田信用金庫、豊田信用金庫、碧海信用金庫、西尾信用金庫、尾西信用金庫、中日信用金庫、大阪信用金庫、大阪シティ信用金庫、永和信用金庫、北おおさか信用金庫、枚方信用金庫、大和信用金庫、播州信用金庫、兵庫信用金庫、尼崎信用金庫、但陽信用金庫、高松信用金庫、福岡信用金庫、大牟田柳川信用金庫、筑後信用金庫、大川信用金庫、熊本第一信用金庫、大分信用金庫
    金沢中央信用組合、成協信用組合
    農林中央金庫

  • 後援

    金融庁、経済産業省、日本商工会議所

  • 参加費

    無料

  • 募集人数

    -

  • 対象者

    経理業務の電子化を検討されている方

  • 案内

視聴方法

  • 視聴可能
    な端末

    インターネットに接続できるパソコン、タブレット、スマートフォン

  • 当日の
    視聴方法

    申込完了後、セミナー開催の前営業日に視聴用URLを個別にお送りします。

申込は終了しました

インターネット接続に要する費用は自己負担

申込時にご記入いただいた個人情報は、セミナーに係る運営・情報連絡および参加金融機関によるアフターフォロー等の目的に限り使用いたします(後日、貴社の取引金融機関から「でんさい」に関するご提案をさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。)。詳しくは、当会社プライバシーポリシーをご覧ください。

内容

  • ①中小企業のIT活用支援策(講演資料はこちら
  • ・中小企業庁によるIT導入支援策の具体的取組み
  • ・IT化に使える各種補助金

  • ②決済・経理業務の電子化に向けた取組み(講演資料はこちら
  • ・企業の業務効率化や決済・経理業務の電子化に向けた銀行界の取組み
  • ・売掛金の入金確認作業を効率化する全銀EDIシステム(ZEDI)等の具体的な取組み

  • ③でんさいの基本的な仕組み(講演資料はこちら
  • ・でんさいの3つの特長や4つのメリット
  • ・でんさいの普及状況
  • ・でんさい利用のポイント
  • ・取引方法や支払不能処分制度のポイント

  • ④でんさい利用企業の事例紹介
  • 講演要旨については、以下をご覧ください。

講演企業

株式会社フジ機工

経理課
佐野 政行

  • 中小企業
  • 製造業
  • 支払受取

講演要旨

でんさい導入検討の経緯として、部門ごとに工数・経費の削減目標を設定するため、手形作成にかかる工数・費用を調査した結果、工数は42日/年、費用は約120万円/年かかっていることが判明した。代替手段を検討するなか、でんさいは、当社のみならず取引先も印紙代や郵送料、集金にかかる交通費や時間等の削減効果が見込めることが、導入の決め手となった。

まずは、取引先への案内に際してアンケートを実施した。取引先からの回答結果は、企業規模を問わず、大企業・中小企業共に約7割の取引先がでんさいを選択した。当初はどのくらいの企業が切り替えていただけるか不安もあったが、思った以上に普及していることがわかった。

でんさいを導入後、手形作成にかかっていた工数は29日/年、経費は約90万円/年を削減できた。手形の発行には多くの手間とお金がかかるが、でんさいを導入すれば、そのどちらも大幅に削減することが可能である。実務上、既存の支払手段に加えて、でんさいが増えるイメージがあるかもしれないが、実際の感覚は手形発行にかかる作業が減るのみである。また、手形を全てでんさいに変更できない場合でも、削減効果は出る。
顧客への個別案内やネットワーク整備は必要であるが、それを大きく上回るメリットがあるので、でんさいの利用を検討してみては如何だろうか。

セミナーと同じ内容を
24時間いつでも
ご覧いただけます!

さあ、御社もでんさい
活用してみませんか?

チャット形式でお客様の質問にお答えします!